思い出やアイディアをしまったり取り出したり・・・
by 太陽の光
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profile
07年10月に結婚した外国人の夫(R),09年4月生まれの長男(S坊),11年1月生まれの長女(Me)の4人家族。
二世帯住宅で,1階の両親と同居。

家族のサポートのお陰で仕事(専門職)しています。

前のブログはこちら
前のブログから登場していた飼い犬のビーグル犬Rexは,12年1月にお別れしました。
以前の記事
2014年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
カテゴリ
全体
Family
Kids
Announcement
Daily
お誘い
Travel
お気に入り
未分類
フォロー中のブログ
まさはるの通信簿
「こころ」と「からだ」に...
Kaorin Kitch...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
グリムス
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


初・救急車
21日の夜,子どもたちも寝て,珍しく主人と二人でちょっとテレビを見て,お風呂へ入り,そろそろ出ようかというところで,Meの泣き声。
あらら〜いつもよりちょっと早いわねえと思いながら,パパがMeのところへ行ってくれている様子が聞こえ,お風呂から出てきたところ,いつもより激しい泣き声で,しかも泣き止まない。
様子がおかしいというので,見てみると苦しそう。泣き声もひどい風邪を引いたときのような声。さっき見たとき,いびきをかいているなあというのは気になったけれど,別に風邪気味な様子もなかったので,突然のことで,びっくり。

そこで,さて,どうする?となり,市の夜間電話相談にかけようかと思ったけれど(高熱のときなど利用したことがあったので),呼吸が苦しそうなので,やはりここは救急かと思い,119番通報。
そういえば,119番通報って2回目だなあと思いながら(1回目は父が倒れたとき),冷静に様子を説明したところ,
「はい,いま救急車向かっていますから,玄関の鍵をあけておいてください。」
と言われ,
すぐにピーポーピーポーとサイレンが近づいてきました。
そうだ,うちは消防署の近くなのです。
慌てて服を着替え(さすがに風呂上がりのパジャマじゃ・・・),Meを毛布でくるんで,バッグに母子手帳セットを押し込んで玄関へ行くと,もう救急隊の方たちがいらしていて,そのまま私とMeは救急車に。救急車初体験。

激しく泣いて,ヒーヒー言いながらも,顔色が悪いわけでもないけれど,病院で見てもらいましょうということで,小児科担当の救急病院へ搬送されました。

搬送途中で泣き止んでMeは眠ってしまい,なんかこのまま救急車で搬送されていいのかなあ,たいしたことないのかなあと思いながら,病院につき,診察を受けた結果,
クループ症候群
と診断されました。
乳幼児によくある急性咽頭炎で,のどが腫れて気道が狭まり,苦しくなるそうです。
吸入をして,腫れをひかせるステロイドのお薬を飲ませ,しばらく様子を見ましたが,落ち着いているので帰宅できました。最後は先生と看護師さんに笑顔でバイバイして機嫌良くしてました。
一応,また悪化する可能性があるので気をつけるように言われましたが,帰宅後はよく眠って,いつも通り目を覚まし,まあまあ食欲もあり,一安心です。

主人も私もどうしても仕事を抜けられず,父がかかりつけのお医者さんに見せに連れて行ってくれましたが,数日吸入に通ってくださいとのこと。

今日は少し咳が出ていて,ちょっとぐずりがちだったけれど,落ち着いていました。
たいしたことなく,守られたことに感謝です。
[PR]
by sunlight09 | 2012-03-22 23:50 | Daily
<< かかりつけ医 外遊び! >>