思い出やアイディアをしまったり取り出したり・・・
by 太陽の光
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
07年10月に結婚した外国人の夫(R),09年4月生まれの長男(S坊),11年1月生まれの長女(Me)の4人家族。
二世帯住宅で,1階の両親と同居。

家族のサポートのお陰で仕事(専門職)しています。

前のブログはこちら
前のブログから登場していた飼い犬のビーグル犬Rexは,12年1月にお別れしました。
以前の記事
2014年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
カテゴリ
全体
Family
Kids
Announcement
Daily
お誘い
Travel
お気に入り
未分類
フォロー中のブログ
まさはるの通信簿
「こころ」と「からだ」に...
Kaorin Kitch...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
グリムス
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大草原の小さな家
小さい頃,よく見ていた「大草原の小さな家」のテレビドラマ。何回も再放送を見て,ビデオにも撮っていました。
いまでもいくつかのエピソードは心に残っています。
なぜか忘れられないのは,アルバート(養子になった)が周りの人に疑われたときに,チャールズが彼を信じ切っていたこと。養子だし,過去には悪さをしていたアルバートを,本当にローラたちと同じように自分の子供として愛しているお話しで,強く印象に残っています。

しばらく見る機会がなかったけれど,お友達からDVDをお借りしていて,ちょうど体調もいまいちなので日曜日の午後をゆっくり過ごすことにして,子供たちと3人で1巻を見ました。
といっても,Meは関係なく一人で遊んでいましたが・・・

S坊がどこまで見るかなー?たぶん途中でどっか行っちゃうかな?と思っていたのですが,意外にも最後まで1時間半くらい,ずっと一緒に見ていました。
だまって見ていることはなくて,「どうして,〜しているの?」と質問攻めなのですが・・・

前半で,増水した川を馬車で川を渡るときに番犬のジャックが流されてしまい,探しても見つからなかったのが,しばらくして再会を果たすという場面では,涙ぐみながら「これ,泣いちゃうビデオだね」としっかりとお話しの中に気持ちを入れて見ているのがわかり,(私は私で終始ウルウルし通しなのですが),そういうふうにお話しを理解していることに成長を感じました。
その後も,「泣いちゃいそう」とかいったり,インディアンやオオカミの場面では怖がりながら,最後まで一緒に見ることができました。

こうしてS坊と一緒にこのお話しのDVDを見られるようになったことに,ちょっと感激しました。
見終わったあとも
「どうして,お父さんがいないときにインディアンが来るとだめなの」
「どうして,女の子は弱いの」
「どうして,インディアンが来たときにジャックが吠えたらだめなの」
と,どうしてどうして攻撃は翌日まで続きましたとさ。
[PR]
by sunlight09 | 2013-03-03 23:19 | Daily
<< ピアノ・レッスン 宝物 >>