思い出やアイディアをしまったり取り出したり・・・
by 太陽の光
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
07年10月に結婚した外国人の夫(R),09年4月生まれの長男(S坊),11年1月生まれの長女(Me)の4人家族。
二世帯住宅で,1階の両親と同居。

家族のサポートのお陰で仕事(専門職)しています。

前のブログはこちら
前のブログから登場していた飼い犬のビーグル犬Rexは,12年1月にお別れしました。
以前の記事
2014年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
カテゴリ
全体
Family
Kids
Announcement
Daily
お誘い
Travel
お気に入り
未分類
フォロー中のブログ
まさはるの通信簿
「こころ」と「からだ」に...
Kaorin Kitch...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
グリムス
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:お気に入り( 1 )
こんとあき
最近のS坊のお気に入りの絵本
楽天ブックス: こんとあき - 林明子 : 本

いつも私たち家族を見守ってくださっているMさんから,S坊の2歳のお誕生日にいただいた本です。Mさんは,この本に出てくる女の子「あきちゃん」から,お嬢さんのお名前を「あき」と名付けたそうです。
しばらくS坊が興味を示さなかったのですが,1,2ヶ月前くらいから読んであげるようになりました。

実は,この本を最初に自分で読んだとき,なぜかうるうるっと涙が出てきました。
おばあちゃんからあきのおもりを頼まれた「こん」というきつねのぬいぐるみとあきが,こんのほつれたところをおばあちゃんに直してもらうために,電車に乗っておばあちゃんちにでかけるというお話なのですが,どういうわけかじーんとくるのです。
さっきこの本のレビューをみてみたら,「涙した」というコメントがたくさんあったので,私だけじゃないみたいですね。

このお話の中で,電車の5分間停車のときに,こんが駅弁を買いに行くというシーンがあります。長い行列ができていて,こんがあきのところに戻ってこないまま電車が出発してしまいます。
ここを読むと,自分が小さいときに母と新幹線で田舎へ行くときに,同じように母がお弁当を駅のホームに買いにいき,私は席で母が戻ってくる前に出発しちゃったらどうしようと心配で心配でしかたなかったということを思い出します。

S坊は,このところだいたい毎晩読んで〜といいます。
読み始めると,最初のシーンで
こんが,「おばあちゃんに会いたいなあ」とつぶやくところで
S坊は必ず
「違うよ,あきちゃんに会いたいなあって言っているよ」
とつっこみをいれます。

福音館書店のホームページには,実際にこんのぬいぐるみの作り方がのっていました。作ってみようかな〜
[PR]
by sunlight09 | 2011-12-15 00:29 | お気に入り