思い出やアイディアをしまったり取り出したり・・・
by 太陽の光
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Profile
07年10月に結婚した外国人の夫(R),09年4月生まれの長男(S坊),11年1月生まれの長女(Me)の4人家族。
二世帯住宅で,1階の両親と同居。

家族のサポートのお陰で仕事(専門職)しています。

前のブログはこちら
前のブログから登場していた飼い犬のビーグル犬Rexは,12年1月にお別れしました。
以前の記事
2014年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
カテゴリ
全体
Family
Kids
Announcement
Daily
お誘い
Travel
お気に入り
未分類
フォロー中のブログ
まさはるの通信簿
「こころ」と「からだ」に...
Kaorin Kitch...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
グリムス
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
予想外の展開
1月3日に,第二子(長女)を出産しました。予定日より13日遅れでした。

去年5月に妊娠がわかったとき,正直に言うと,嬉しい気持ちよりも戸惑う気持ちのほうが大きかったです。
まず,当時S坊は1歳の誕生日を過ぎたばかり。年子をいったいどうやって育てるのか?
それから,仕事。上司は出向中。週末やメール・電話で打ち合わせをして,私が実動するというスタイル。私が産休を取ることになれば,上司の出向先にも迷惑をかけることになる・・・
そして,そんな心配が先立って素直に喜んでいない自分について,お腹の赤ちゃんに申し訳ない気持ち。。。

そんな風に始まったマタニティライフでした。
思い切って上司に話してみると,
「年子のほうが育てやすいってよー。」
と祝福してくれて
「仕事の方はなんとかなるから,心配しないで」
と言ってくださいました。これで本当に気持ちが楽になりました。
そして,実際,フルタイムでの出向は10月一杯になるように調整してくださり,私もとにかく10月一杯までは通常どおり仕事を続けることになりました。

最初,自宅と職場の間の産婦人科に通院していました。
だけど,なんだかしっくりこない(細かくは書きませんが)。ここでお産するのかなあ,と心配な気持ちがあったし,なんだか合わないなあと思い,少し家から離れるけど,S坊のときと同じ産院(前に住んでいた場所の近く)に変えました。
S坊のときと同じ主治医にかかり,安心しました。

その後のマタニティライフは,順調に夏をこえ,旅行にも行きました。
この旅行の後,お腹がずいぶん大きくなりました。
10月になると,骨盤や股関節の痛みがひどくなりました。前のときはそういうことなかったのに・・・二人目だと骨盤がゆるみやすいのかしら?仕事での外出や立ったり座ったりがきつくなりました。

そして11月!完全な産休ではないけれど,外に出る仕事が基本的になくなったし,必要に応じて事務所に出る程度になりました。
11月になったら,友達にあったり,S坊を連れて出かけたりするんだ〜とずっと楽しみにしていたのですが・・・
マイコプラズマにやられてしまいました。
そして,このとき切迫早産と診断されました。激しい咳のせいか,まだ34週目なのに子宮口がすでに3センチ開き,赤ちゃんも少し下がってきているとのこと。
ショックでした。順調だと思っていたのに・・・S坊との時間を楽しもうと思っていたのに・・・
とにかく37週まではもたせたいので,外出を控え,友達と会う約束をキャンセルし,忍耐。

その後,子宮口の開き具合は変わらないまま37週目に。
超音波で赤ちゃんの大きさを測ると,標準よりも小さくて,医師も「頭が小さいんだよなー」と毎回コメント。
予定日は12月21日だけど,切迫早産だし,二人目だから,もういつ生まれてもおかしくないと思い,すでに入院の準備は万端。
絶対に早く生まれる,と私も,家族もみんな思っていました。
いまか,いまか,という毎日。
予定日1週間前の日の夜,お腹が痛くなってきた!いよいよか!!となり,S坊を1階の両親のところで寝かせ,休みました。
気づいたら,翌朝。なんでもありませんでした。

あれー,これじゃクリスマスは病院になっちゃうなあ,なんて思いながら,毎日いつでも入院できるようにいて,落ち着かないので普段できないところの掃除を少しずつする毎日。
「今晩生まれそう!」ということも数回ありましたが,前駆陣痛に終わってしまいました。まるで「オオカミと少年」の少年のよう。
夜になるとお腹が痛くなる日も何回もあるのに,痛みは遠のいていく・・・赤ちゃんがさがってきていると感じるのに,しばらくするともとに戻る。
結局予定日を過ぎ・・・
クリスマスを過ぎ・・・
予定日の1週間後の12月28日の朝,お印があった!じゃ,そろそろだ!
でも,痛みがこない・・・
産院の外来の年末最終日,心配なので見てもらいにいくと,変化なしと言われ,過産期に入る1月4日入院と予定されました。
大晦日になってしまったので,S坊の写真だけの年賀状を作って印刷して投函。
年越ししてしまいました。
重たいお腹で腰は痛くなってくるし,骨盤はがたがたしていて動くのが辛く,もう限界・・・という感じになっていました。入院にそなえてスタンバイしている家族も自分も落ち着かない日々で疲れてしましました。

1月3日。翌日入院だし,もうやけになって掃除機をかけ,ぞうきんでテレビの台を拭いていると
パン!
と音がして(ほんと,私には音が聞こえました),破水!午後3時20分ころでした。
「あ,病院へ行くー!」と直ぐ病院に電話し,1か月以上も前から用意してあったバッグをもって主人と病院へ。そのとき,主人は料理をしていたのですが,ちょうど料理が終わるところ。S坊は1階で昼寝中。
午後4時に入院。病院へ行く途中から陣痛がはっきりとしてきて,病院へ着く頃には10分間隔に。
経産婦だから進みも早いだろうと,陣痛室は使わず,直接LDRへ。トイレへいって,ベッドにあがると,陣痛がどんどん強くなって,間隔もなくなってきて,あれよあれよとスタッフの方達も慌てて準備。あまりの早い展開で,いったいいまどの段階なのか自分ではわからず,とにかく助産師さんの言うとおりにがんばるしかありませんでした(がんばったつもりだけど,全然言うとおりにはできていなかった)。

そして,5時47分に,元気な女の子が生まれました。
あとで母子手帳をみたら,分娩時間が1時間38分と書いてありました。びっくり。

一旦お腹の上で対面したあと,別室で赤ちゃんが処置を受けていると,
「体重は・・・3624g!」
という声が聞こえ,びっくりたまげてしまいました!
いくら予定日を過ぎていたとはいえ,こんなに大きいとは!!しかも検診では小さいといわれていたのに!

こうして,赤ちゃんは正産期の最終日に,自然に生まれました。
生まれた日も,体重もまったくの予想外でした。マイコプラズマに感染したり,切迫早産になったりもしました。
いろいろなことが私の思い通りには進みませんでした。
でも,一番いい形でした。生まれたタイミングも,いろいろな意味でベストだったと今は思います。
全てを知っている神様が一番いいタイミングを与え,最後まで守ってくださいました。

そして,改めて,赤ちゃんが生まれるってすごいことだなあと感激しました。
[PR]
by sunlight09 | 2011-01-22 22:59 | Family
お兄ちゃんになったS坊
1月3日,S坊に妹が生まれ,お兄ちゃんになりました。

生まれる前から,ママのお腹にむかって「おいで〜おいで〜」と声をかけてくれたり,お腹をなでたりしていました。
1歳8か月のS坊がどこまで理解できているかはもちろんわかりませんが,私としては彼なりに何かがおきるということはわかっていたと思います。

最近は,赤ちゃんをみかけると
「ねんね〜」
と言い,優しく触ったりすることもありましたが,実際に妹に会ってみると,同じように頭をやさしくなでてくれました。

私が入院している間,夜泣きしたりはしたようですが,お利口さんにしていた様子。それも,いつも二世帯で私の両親が面倒を見てくれているので,それほど生活に変化がなくてよかったのだと思います。

退院して赤ちゃんと一緒に生活するようになったら,また違う反応をするのかなあと,ちょっと心配をしました。これまで全ての注目を集めてきた生活が変わって,ママは赤ちゃんをだっこしたり,おっぱいあげているし,複雑な表情を見せたりもしています。でも,ダディーとママとおじいちゃんとおばあちゃんに囲まれて,今のところ赤ちゃん返りもなく,今までの通りのS坊です。

もともと世話好きな性格なので(保育園でもよく言われている),赤ちゃんのおむつを持ってきてくれたり,泣いていると見に行ってくれたりします。ほ乳びんでミルクをあげようとすると,床に座って,
「ここ」
と膝を指して赤ちゃんを膝にのせるように言い,ほ乳びんでミルクをあげてくれます。
最近はだっこもしたがるので,周りはしっかり監視していますが・・・

きっと,S坊は素敵なお兄ちゃんになって,仲の良いきょうだいになると思います!

赤ちゃんの話は,次の記事で・・・
[PR]
by sunlight09 | 2011-01-22 17:23 | Family
明けましておめでとうございます
みなさま,2011年あけましておめでとうございます。
どのようなお正月をお過ごしですか?
この新しい一年の日々がみなさんにとって平和で,喜びに満ちたものでありますように。

我が家は,家でゆっくり過ごしています。
S坊はダディーがおうちにいるので楽しくて仕方ないようです。
いろいろと大人を笑わせてくれています。

今年はどんな一年にしたいかなと,少し考えてみます。今思っているのは,仕事と家庭のバランスをよく考えて,去年よりも家族との時間,子どものための時間をとりたいということです。家族の支えがあってこそ,仕事を続けていますし,お仕事ももちろん責任がありますから大切です。でも,少し考えなければと感じています。

話は変わりますが,世の中の去年の出来事をちょっと思い出してみると,小学生をはじめ多くの人々が自ら命を絶ったニュースが多かったように感じます。本当に悲しい。胸が痛みます。
あなたは大切な存在なんだよ。
あなたは愛されているんだよ。
伝えたいです。
[PR]
by sunlight09 | 2011-01-01 23:18 | Daily