思い出やアイディアをしまったり取り出したり・・・
by 太陽の光
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
07年10月に結婚した外国人の夫(R),09年4月生まれの長男(S坊),11年1月生まれの長女(Me)の4人家族。
二世帯住宅で,1階の両親と同居。

家族のサポートのお陰で仕事(専門職)しています。

前のブログはこちら
前のブログから登場していた飼い犬のビーグル犬Rexは,12年1月にお別れしました。
以前の記事
2014年 07月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
カテゴリ
全体
Family
Kids
Announcement
Daily
お誘い
Travel
お気に入り
未分類
フォロー中のブログ
まさはるの通信簿
「こころ」と「からだ」に...
Kaorin Kitch...
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
グリムス
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


戦争の話
今日はポカポカ春の陽気でしたね。
上着がいらないほどでした。
暗い帰り道(自転車)でも,春の空気が感じられました。多少鼻がむずむずですが・・・
そう,花粉症らしいです。たいしたことないのですが,しばらく前にアレルギーの検査をしたら,出てました。

数週間前,日テレの「世界一受けたい授業」で,元少年兵の若者が少年兵の現実についてお話しされる回があって,普段はあまり見ないのですが,その日はこれを見たいなと思って,付けていました。
S坊に見せるにはまだすこし早いかなあと思ったのですが,世界にはいろいろな環境の子供たちがいることを知ってほしいと思っていたので,見せてみました。
少年兵のむごさ,今までこんなにひどいことと,知りませんでした。

質問魔のS坊からは質問の連続。
まず,「戦争」とは何か?から説明しなければならないのですが,なかなか難しい。
第一,「国」という概念がまだわからない。
そこで,人間のわがままで,大きなけんかになってしまう,というような説明をしました。

それからずいぶん日が経っているのに,今日の夜,その番組で見た一つの場面(国連が少年兵の武装解除をしている場面)について,突然
「どうして,バンバンするのをみんなで下に置いたの?」
「だれがしたの?」
と質問連続。
そこで,また,戦争の説明からお話し。
「どうして戦争はだめなの?」

そう,戦争はだめなの。お話ししないといけないのに,大人がわがまましているんだよ。

そういえば,この話のきっかけは
「どうしてお水やごはんのない子供がいるの?」
という質問で始まったのでした。
「雨がふらなかったり,戦争があったりして」という説明をしたことから,戦争の話になったのでした。

小さな頭でどんなふうに理解しているのでしょう。
きみみたいに小さな子が,暑い中,お水を探して歩いているんだよ。
いつもお腹が空いているんだよ。

いつか,もう少し大きくなったら,そういう子供たちのサポートについて,一緒に考えてみたいなと思っています。
[PR]
# by sunlight09 | 2013-03-08 23:13 | Kids
ピアノ・レッスン
「もうね,やることに決めたの!」
意外にも嬉しい言葉でした。

S坊の保育園では,音楽(ピアノ),そろばん,空手の課外教室があります。
3歳になってから,ピアノをやらせたいなと思いつつ,まだ早いかな〜,興味ないかな〜と時間がたっていたのですが,ちょうど無料体験レッスンキャンペーン中だったので,申し込んでみました。

本人には何も言わず,また彼の性格から私が顔を出すときっと集中しないだろうと思い,先生からあとで様子を聞かせていただくことにしました。

どうだったかなーと,夜,「今日,どうだった?ピアノしたの?」と聞いてみると「つまらなかった」というので,がっくり〜と思ったら,次に冒頭の言葉でした。
そして,どんなことをレッスンでやったのか,彼なりに説明してくれました。
すっかりやる気じゃない?!

その後,先生からお電話をいただき,どんなことをしたのか説明してくださり,上手にできていたし,きちんとお椅子に座っていました,とのこと。
さすが,プロ。そういうふうに教えるんだ−!と感心しました。

主人に報告して,「よくできていたってほめてくれたよ」って言ったら,
「そりゃ,先生は生徒が多い方がいいもん,ほめるに決まっているじゃん」
と言われちゃったけれど,本人がやる気になっているのはなにより!
さっそく申し込むことにしました!

いつか,親子で連弾するのが,密かな夢です。
Meもやりたいらしいから,兄妹の連弾なんていうのもいいなーと妄想しています。
[PR]
# by sunlight09 | 2013-03-04 23:35 | Kids
大草原の小さな家
小さい頃,よく見ていた「大草原の小さな家」のテレビドラマ。何回も再放送を見て,ビデオにも撮っていました。
いまでもいくつかのエピソードは心に残っています。
なぜか忘れられないのは,アルバート(養子になった)が周りの人に疑われたときに,チャールズが彼を信じ切っていたこと。養子だし,過去には悪さをしていたアルバートを,本当にローラたちと同じように自分の子供として愛しているお話しで,強く印象に残っています。

しばらく見る機会がなかったけれど,お友達からDVDをお借りしていて,ちょうど体調もいまいちなので日曜日の午後をゆっくり過ごすことにして,子供たちと3人で1巻を見ました。
といっても,Meは関係なく一人で遊んでいましたが・・・

S坊がどこまで見るかなー?たぶん途中でどっか行っちゃうかな?と思っていたのですが,意外にも最後まで1時間半くらい,ずっと一緒に見ていました。
だまって見ていることはなくて,「どうして,〜しているの?」と質問攻めなのですが・・・

前半で,増水した川を馬車で川を渡るときに番犬のジャックが流されてしまい,探しても見つからなかったのが,しばらくして再会を果たすという場面では,涙ぐみながら「これ,泣いちゃうビデオだね」としっかりとお話しの中に気持ちを入れて見ているのがわかり,(私は私で終始ウルウルし通しなのですが),そういうふうにお話しを理解していることに成長を感じました。
その後も,「泣いちゃいそう」とかいったり,インディアンやオオカミの場面では怖がりながら,最後まで一緒に見ることができました。

こうしてS坊と一緒にこのお話しのDVDを見られるようになったことに,ちょっと感激しました。
見終わったあとも
「どうして,お父さんがいないときにインディアンが来るとだめなの」
「どうして,女の子は弱いの」
「どうして,インディアンが来たときにジャックが吠えたらだめなの」
と,どうしてどうして攻撃は翌日まで続きましたとさ。
[PR]
# by sunlight09 | 2013-03-03 23:19 | Daily
宝物
昨日のS坊の寝かしつけで,何かの流れで「たからもの」の話題に。
S坊に「ママのたからものは,なんだかわかる?」と聞いてみると
「Sくん,でしょ!?」
大正解〜

でも,そのあと,
「どうして,Sくんがたからものなの?」
「どうして,大切なの?」
と質問の連鎖に。

そして,今日。
だっこしたときに「ママのたからもの〜」と言うとうれしそう。
そこで,「S坊のたからものは,なに?」ときいてみたら
「Meちゃん!」

おお!妹をたからものと呼ぶとは,うれしい〜!

今日は,保育園に行ったときにはMeの靴や上着を脱がせてあげていたS坊。
お友達がMeの顔に触ろうとしたところ,S坊がやめさせようとして,S坊が顔をひっかかれたそうで,ほっぺを赤くして帰ってきました。
気に入らないと「もう,Meちゃんと遊ばない!!」と叫ぶことも多いけれど,「Meちゃんが手をつないでくれない〜」とべそをかくことも。
このまま妹を大切に,りっぱなお兄さんになってね。
そして,明日のクリスマスコンサートは二人そろって堂々とステージにあがってほしいなあ。
[PR]
# by sunlight09 | 2012-12-14 23:49 | Daily
今度こそ!?
すっかりご無沙汰しています。
書き留めておきたいことはいろいろあるのですが、日々の生活に流され、そして最近は歯のトラブルで余裕がなくて・・・

さて、あさっては保育園のクリスマスコンサート
先月からMeもS坊と同じ保育園に通い始めたので、二人で参加します。
子供たちは毎日練習に励んでいるようです。S坊は去年のステージでは泣いてばかり、3月の卒園式の時もほとんどモジモジしているかボーッと立っているだけ。今度こそ堂々とした姿を見せてほしい!!新しいサンタの衣装とブーツでテンションをあげて励ますこの頃です。
ちなみに、予想では、Meは練習どおりにこなすと見ています。
[PR]
# by sunlight09 | 2012-12-13 09:41